銀行のキャッシングと消費者金融のキャッシングの違いについて

銀行と消費者金融からの借り入れの違い

銀行のキャッシングと消費者金融のキャッシングには、大きな違いがあります。
審査基準や融資限度額や利率などです。

銀行からの借り入れについて

一般的に銀行のキャッシングは、審査が厳しく、通ることが困難です。
仕事や収入が安定しており、社会的にも経済的にも信用できる人しか審査に通ることができません。
そのためその厳しい条件をクリアした人に対して、高額で低金利という好条件の融資がおこなわれるのです。

消費者金融からの借り入れについて

消費者金融はその逆で、審査はそれほど厳しくなく、安定した職や収入のない、たとえば日雇い労働者などでも利用が可能です。
しかしその分融資額は少なめであり、利率も高いのです。
つまり銀行のキャッシングと消費者金融のキャッシングの違いは、申し込んだ人の信用レベルの違いにあるのだと言えます。
信用がおける人ほど、便利なキャッシングが利用できるのです。

違いの根本にあるのは利用者の信用度

世間ではよく、キャッシングをしていると住宅ローンの審査に通りにくいといわれていますが、これは消費者金融のキャッシングを利用している場合のみです。
消費者金融を利用しているということは、信用レベルがそれほど高くはないということだと判断されやすいのです。
銀行のキャッシングを利用している場合は、逆に信用がおける人であるとみなされます。
銀行での厳しい審査を通過したという事実が、その人の社会的経済的な信用レベルの高さを証明しているのです。

審査の厳しさの違いが信用度の違いを物語る

ですから銀行のキャッシングを利用していたとしても、住宅ローンの審査で悪影響になることはありません。
もちろん返済を滞らせずにしっかりとおこなっていることが前提ではあります。
キャッシングをする場合は、上記のことを考慮する必要があります。
今後住宅ローンを組むことを考えている人は銀行のキャッシングを利用した方が良いですし、そのような予定がなく、厳しい審査に通ることが困難な人であれば消費者金融のキャッシングが便利であると言えます。